水に落とされたインク、その一瞬をとらえた不思議な写真の数々

151228ink_water01.jpg

水とインク、それだけです。

レイリー・テイラー不安定性というものをご存知でしょうか。重力がはたらく状況下で密度の違う2種類の液体が衝突するときに起こる現象です。原子力爆弾のキノコ雲や超新星爆発などで見ることができますが、科学写真家のLinden Gledhill氏は自らこれを再現して見せました。実は、使うのはインクと水、そして性能のいいカメラ、これだけです。これさえあれば自宅でも簡単にこの不思議な液体の現象を作り出すことができます。

「Mark Stock氏が作った、液体が別の液体の中に落ちていくという、レイリー・テイラー不安定性のシミュレーションをしたコンピューターモデリング作品に影響を受けたのです。」と、Gledhill氏は米Gizmodoに対してメールで語っています。「底に光の窓がある小さな水槽を用意し、その水の中に落とされるインクの不安定性について研究しています。」

Like Stock氏作のモデルのように、Gledhill氏のインクの滴もまた、水の中に落とされると重力の支配によって曲がり、そして変形していきます。実際には、この現象を見ることができるのはとても短い間だけで、インクと水はどんどん混ざり合い、もう分けることはできません。しかし、インクが落とされた直後のほんの数秒間は、二つの液体が踊るように絡み合い、目を見張る美しい光景を見ることができます。

151228ink_water02.jpg

151228ink_water03.jpg

151228ink_water04.jpg

151228ink_water05.jpg

151228ink_water06.jpg

151228ink_water07.jpg

151228ink_water08.jpg

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(SHIORI)