マジ? ソフトウェアのバグで犯罪者の刑期短縮釈放が多数発生

151229prisonbreak.jpg

新手ハッキングだったりして?

犯罪者に裁判で懲役刑が言い渡されると、普通は刑期の終わりまで刑務所暮らしですよね。ところが、ウソのような本当の話として、米国では、とある管理ソフトのバグにより、3,200人を超える受刑者が、予定より早くに刑期を終えて釈放され、すでに行方知れずになっている人も少なくないそうですよ!

ワシントン州の刑務所では、2002年に導入されたシステムアップデートによって、受刑者の更生度合いに応じて刑期の短縮を自動適用するプログラムにバグが発生。このバグによって、平均すると49日、ひどい場合は600日も異常に刑期が短縮されてしまう事態が発生していたことが判明しました。ある犯罪被害者の家族が、2012年に異様に早く刑期を終えて刑務所を出てきた加害者のことを知り、不審に思って問い合わせて、初めてバグが明らかになったというのですから、ひどいものですよね。

ちなみに、どうやら刑務所での腐敗も進んでいるのか、バグに気づいた後も、事態は最近まで放置されたままでした。ですから、2002年から13年にもわたって、ワシントン州の刑務所に投獄されると、予定よりも早く釈放されるケースが続出していたことになります。

ようやく事態を重く見た州知事の指示により、早期のバグ修正内部捜査が実施されるにいたりました。2016年1月中にはバグが完全に修正され、それまでは受刑者の釈放措置を厳しく見直すことが命じられたほか、不当に刑期を短縮して釈放された受刑者は、再び刑務所に連れ戻して刑期を終えることが求められましたよ。すでに慌てて釈放後の行方を追い、再逮捕された人まで出てきてはいますが、依然として、早期に釈放されたままの人もいるんだとか。

今回のバグは、故意に仕掛けられたものではないのかもしれません。とはいえ、こうしてソフトウェア操作で、受刑者を刑務所の外へ出すことができてしまうのであれば、ハッキングによる意図的な刑期短縮だって、これから発生してもおかしくないですよね。もうすでに起きていたりしないことを願うばかりですが……。

image by Thomas Hawk

source: CNNBBC

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)