グーグルProject Fi、追加料金不要でiPadも使えるデータオンリーSIMをリリース

2015.12.18 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151216_pjfiipad.jpg


グーグルの携帯キャリアサービス、ちょっとずつ確実に進化。

グーグルによる携帯キャリアサービスProject Fiは、今のところ良く悪くも、限られた人しか使えないサービスです。これまで使えるのは、Nexus 5Xか6、6Pを持っている人だけでした。でもグーグルは今その制限をちょっとゆるめて、タブレットでもデータ通信のみ使えるようになりました。タブレットを使うにあたっての追加料金はなく、それはiPadでもOKなんです。

Nexus 7とか9、それからGalaxy Tab Sが対象になっているのは当然かと思いますが、アップルのiPad mini 4とiPad Air 2も使えるのはちょっと意外でした。とはいえこれらを使えるのは元々Project Fiのアカウントを持っている人だけなのですが、つまりNexusを持っている人なら、データオンリーのSIMをオーダーできるってことです(Nexus 7とGalaxy Tab Sの場合はSIMアダプターが必要)。

でもグーグルが従来のキャリアと違うのは、タブレットを接続するときにかかる月々の「デバイス料」がかからないということです。かかるのは通常通り、1GBあたり10ドル(約1,200円)だけです。つまりひとつのデータプランをふたつのデバイスでシェアできるんです。Android Policeが指摘しているように、SIMを追加した場合でも追加料金はかからないのかもしれません。グーグルにも聞いてみましたが、まだ回答はありません。

Project Fiの契約は現在招待制であるうえ、米国内の住所が必要で、いろいろとハードルがあります。でも通話とテキストメッセージは無制限で20ドル(約2,400円)、データは1GBで10ドル(約1,200円)という明朗会計に加え、今回のような柔軟なアップデートがあると、さらに魅力が高まっていきます。日本でも早く展開してくれるといいですね。


source: Google via Android Police

Darren Orf - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア