ちゃんと浮くホバーボード、物凄い高いけど予約受付中!

買えるなら…買えるなら本物が欲しい!

生産が実際に始まった場合2万ドル(約240万円)という値段になる上、36基のファンを回さねばならないバッテリーは6分しか持ちません。ですが、ここ最近色んな意味で話題になっている「ホバーボード」と違い、Arca Spaceのホバーボードは本当にホバリングするのです。

2004年のAnsari X Prizeで争った、26社の民間宇宙開発企業の一つであるArca Spaceは、決して有名な企業とは言えません。しかし、先日の朝に公開された、実際に動作するArcaBoardの映像はそんな状況を大きく変えるかも知れません。

科学的なブレイクスルーで物理の法則を捻じ曲げたわけでも、重力に打ち勝ったわけでもなく、430ポンド(約195kg)もの推力を出す36基のファンを使って力技でプラットフォームと乗り手を持ち上げています。

ちゃんと浮くホバーボード、物凄い高いけど予約受付中! 1

乗っていられる時間がたったの6分なのはその為です。36基のファンが生み出す272馬力はとてつもない勢いで電力を消費する上、ボードの中に入れられる電池にも限界があります。電池が重くなりすぎると、乗り手はおろかボードが自分の重さを支えられなくなるからです。

ちゃんと浮くホバーボード、物凄い高いけど予約受付中! 2

ArcaBoardを乗りこなすのは今流行り(?)の2輪の偽物よりも難しそうですが、Arca Spaceはこのホバーボードを1万9900ドル(約239万円)で予約開始し、来年の4月には発送を予定しています。到着までに、相当な枚数の免責同意書にサインする必要があるかも知れないですね。

ArcaBoardは飛行時間が短いだけでなく、充電時間も6時間と相当なものです。それを回避するため、Arca Spaceは4,500ドル(約54万円)のドックをアクセサリとして開発しています。これにより、充電の待ち時間が35分と大幅に短縮されるそうです。つまり、毎日24分間以上遊びたいならこのドックは必須となるでしょう。

ちゃんと浮くホバーボード、物凄い高いけど予約受付中! 3

もしArcaBoardが4月に発売されるとしても、これは限られた人たち―超金持ちで6分のスリルの為に命も惜しまず、バック・トゥ・ザ・フューチャー2の熱狂的なファン―の為の玩具にすぎません。ですが、これこそが正真正銘、購入可能でどんな表面(水以外ですが)も走れる初めてのホバーボードとなります。そう考えただけでも、とてつもなくクールですよね。

source: Arca Space via The Verge

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(scheme_a)