独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 1

ノスタルジックな思い出とともに。

写実的であり劇画的。今見るとちょっと懐かしい感じだけど、不思議とやっぱり未来を感じてしまう独特のテイスト。一昔前のSFのイラストは、そんな不思議な魅力を持っています。

そんな世界観を作り上げたパイオニアの1人、イギリスのアーティストGerard Quinnさんが先日亡くなりました。88歳でした。

「モダン・スペース・アートの父」とも呼ばれる、チェスリー・ボーンステルの影響を強く受けたQuinnさんが活躍したのは、主に1950年代から60年代。イギリスの著名なSF雑誌、「New Worlds」や「Science Fantasy」の挿絵などを手がけました。

60年代後半以降は、アーサー・C・クラークの本のカバーを含む、宇宙そのものを描くことが多くなったQuinnさんでしたが、彼のタッチは、SFの世界観を具現化したものとしてその後も根強く残り続けました。

以下にQuinnさんの作品をご紹介してその功績を称えるとともに、ご冥福をお祈り致します。

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 2

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 3

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 4

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 5

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 6

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 7

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 8

独特のテイストと世界観。SFイラストのパイオニアが死去 9

source: Irish News

Charlie Jane Anders - Gizmodo io9[原文

(渡邊徹則)