この温度計、2ミリ四方。電池ではなく電波を食べて動きます

151210tiny_sensor.jpg

IoTの進化に向けて、また一歩。

すべてのモノがインターネットにつながるIoT時代。このたび登場したのは2ミリ四方の極小温度計。こちら、なんと電池ではなく、ルーターから送信される電波で動くんです。

オランダのアイントホーフェン工科大学のチームが開発したこのセンサー、重さはわずか1.6ミリグラム、ルーターの近くで温度を記録します。まず、チップ上の小さなアンテナがルーターからの電波をつかんで充電。充電後、センサーのスイッチが入って温度を測定し、ルーターに感知してもらうようにわずかな信号を送ります。センサーで測定した温度に応じてルーターへ送信する信号の頻度を変えることによって、ルーター側で温度がわかるようになっている仕組みだそうです。

開発されたチップはペンキや石膏、コンクリートの下でも動作可能なので、建物の中に埋め込んで、空調を管理するといった使い方がありそうですね。さらに研究チームによると、同じチップを使って湿度や明るさを感知することもできるはずとのこと。気になる価格は20セント(約25円)くらいにおさめたいと、なかなか野心的な目標が設定されています。

今のところ信号が送れる距離はわずか2.5センチですが、最終的には5メートルくらいに伸ばしたいと研究チームは語っています。

source: Eindhoven University of Technology via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

 (conejo)