Wikipediaによる最も影響力のある大学トップ20

151201_influential_university.jpg

大学の質や影響力を判断する方法は沢山ありますよね。

例えば、カリキュラムの良さ、研究結果、成功している卒業生が多いとか、ノーベル賞受賞者の数などなど。それじゃあ、Wikipediaの引用を参考に影響力のある大学ランキングを作ってみたらどうなるんだろ?と考えたのが、フランスのフランシュ・コンテ大学の研究チーム。

彼らがarXivで公開している論文によると、Wikipediaのページとその中に登場する大学の相互関係を、Googleによって有名になったPagerankアルゴリズムを適用して調べたそうです。分析においてそれぞれの大学を点(ノード)として、リンクが多ければ多いほど影響力があるということになります。

チームは、そのテクニックを24の違った言語版のWikiediaにあてはめ、データベースを構築しました。ちなみに、英語版は400万記事、ドイツ語、フランス語、オランダ語、イタリア語、ロシア語は最低でも100万記事を対象にして調査し、トップ100を導きだしました。

そして、気になるトップ20はこんな結果となりました。

1. ケンブリッジ大学(UK)

2. オックスフォード大学(UK)

3. ハーバード大学(US)

4. コロンビア大学(US)

5. プリンストン大学(US)

6. マサチューセッツ工科大学(US)

7. シカゴ大学(US)

8. スタンフォード大学(US)

9. イェール大学(US)

10. カリフォルニア大学バークレー校(US)

11. フンボルト大学ベルリン(ドイツ)

12. コーネル大学(US)

13. ペンシルベニア大学(US)

14. ロンドン大学(UK)

15. ウプサラ大学(スウェーデン)

16. エディンバラ大学(UK)

17. ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク(ドイツ)

18. カリフォルニア大学ロサンゼルス校(US)

19. ニューヨーク大学(US)

20. ミシガン大学(US)

ランクインしている大学は名の知れた有名な大学が多くて驚きはありませんが、arXivのブログは、一般的に発表されている影響力のある大学ランキングとは、いくつかの違いがあると指摘しています。特に、Wikipediaで作成されたリストは、より古い大学が支持を受けているということ。おそらく歴史のある大学は文化的インパクトが大きいため、人々はその名前を調べる傾向にあるからなのでは?と分析していました。

結果に関しては賛否両論あるかと思いますが、選出された24か国語は世界人口の59%をカバーしているそうです。

source: arXiv via Technology Review

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(junjun)