12月1日は世界エイズデー。今日だけアップルストアのリンゴがレッドカラーになってます

2015world-hiv-day001.jpg

12月1日は、世界エイズデー。各地でHIVについて知るイベントやチャリティーキャンペーンが開催されています。

今世界でHIVに感染している人は3700万人以上と言われています。1983年にHIVウィルスが発見されて以来、3400万人以上がHIVによって命を落としています。また、母子感染によって毎日600人近くの赤ちゃんがHIVに感染した状態で生まれています。U2のボノとボビー・シュライバーが発起人として立ち上げた、HIV感染者がいない未来を目指すプロジェクト(RED)は、このような背景から2006年に設立されました。

(RED)はパートナー企業と連携しながら赤をシンボルカラーにした独自のブランドを作り、売上金の一部を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付しています。アップルもパートナー企業として彼らに賛同し、これまで1億ドル以上の支援をしてきました。

今日一日だけ、アップルの直営店4店舗銀座、心斎橋、名古屋、福岡天神)のリンゴマークがHIVへの理解と支援を意味する赤になります。ギズモード編集部も早速朝から行ってきました。

2015world-hiv-day002.jpg

赤く染まったリンゴマークは遠くからでも、とても目立ちます。

2015world-hiv-day003.jpg

白いリンゴを見慣れているせいか、とても印象的ですね。

2015world-hiv-day004.jpg

開店直前の店内。今日からコスチュームがホリデーシーズンの赤に変わります。

2015world-hiv-day005.jpg

10時開店。外に並んでいた人たちも中に入っていきます。

2015world-hiv-day012.jpg

名古屋栄、心斎橋、福岡天神の様子はこちらです。

売り上げの一部が寄付される(PRODUCT)REDの製品を販売

2015world-hiv-day007.jpg

iPhone6sのケースとApple Watchスポーツバンドもあります。

店内では、売り上げの一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付される(PRODUCT)REDの製品が販売されていました。

2015world-hiv-day009.jpg

iPod nanoとiPod shuffle

2015world-hiv-day010.jpg

Beats Solo2 (PRODUCT)RED オンイヤーヘッドフォン

2015world-hiv-day008.jpg

Beats Pill 2.0スピーカー

ちなみに(PRODUCT)REDの製品は、一年中いつでも買えます。ちょっとした贈り物にもいいかもしれませんね。

iTunes Storeでもチャリティーキャンペーンを開催

2015world-hiv-day011.jpg

キャンペーン対象となるゲームは「クラッシュ・オブ・クラン」「ブーム・ビーチ」「ヘイ・デイ」です。

iTunes StoreではゲームディベロッパーSupercellの(RED)パックを販売するキャンペーンを開催。こちらは12月5日午前1時(日本時間)まで販売され、売り上げの全てが「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付されます。(RED)パック限定アイテムも販売されているので、ゲーマーとしても見逃せないところですね!

source: アップル

(執筆/撮影:高橋ミレイ)