海の要塞。駆逐艦ズムウォルト、初出航

44億ドル(約5,400億円)の水しぶき! 米海軍最新鋭の駆逐艦「ズムウォルトDDG-1000」1番艦初出航の映像です。

なんでもできます。まだ存在すらしていないレールガンやレーザー兵器も推進できます。しかもステルス艦で、全長186m、15,000トンの巨艦がレーダーには漁船のように映るんでありますよ。

ふつう装甲壁は逆台形ですけど、これは上にいくほど細いタンブルホーム型船体なのが特徴です。タンブルホーム型は安定性に欠けるといわれますが(ここまで巨大なのはズムウォルトぐらいですけど)、いまはコンピュータ制御モデリングが進んでるから大丈夫だと、海軍は言ってます。

用途は主にデータ収集と指令塔です。トマホークミサイル発射能力を備えた戦艦が別にあって、その指令センターの役割りを果たします。LINUXによる完全制御で、人員は大幅にカットしました。上部には、海軍将官がミッション全体を指揮する総司令ルーム、作戦会議室もあり、まるでスタトレワールド!

海の要塞。駆逐艦ズムウォルト、初出航 1

Ship's Mission Center(SMC)

このミッションセンターの大画面に陸・空・海の戦闘のデータやプラン、映像フィードを流しながら、クルーと意思統一を図るんですね。肝心の分析はAIがやってくれます。戦地のあらゆるデータを分類し、優先順位を決め、ベストな戦闘プランを選び、敵を攻撃するか回避するか許可を求めてくるので、人間はやることないぐらい…というのはアレだけど、自動制御に切り替えても無問題だったそうですよ? さすが、コードを1,600万行も使ってるだけのことはありますね~はい~。

あれもこれもと欲張ったら高くなり過ぎて、製造は3隻ぽっきりになった艦でもあります。配備先は太平洋っぽいです。今月の真珠湾攻撃記念日に米メイン州から初の試験航行に出ました。成果が楽しみですね。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(satomi)