クエストでアラームを切る目覚ましアプリに、インストールをためらう…

    もうスマートフォンを投げ出しちゃうかも。

    毎朝お世話になるスマートフォンの目覚ましアラームは、タップやフリックで簡単にストップできてしまうのが悩み。いや、そもそも気合で目覚めない私が悪いんですねどね。でも、もっとアラームを切るのが難しければ毎朝確実に起きられるのに…。

    そんなお寝坊さんの悩みを解決する目覚ましアプリ「Mimicker Alarm」マイクロソフトから登場しました。このアプリの特徴は簡単なクエストをクリアしないと、アラームを止められない点です(一時的なスヌーズはタップで可能)。

    システムに機械学習プロジェクトの「Project Oxford」を採用したこの力作目覚ましアプリ、どんな要求が飛び出すのかというと…

    クエストでアラームを切る目覚ましアプリに、インストールをためらう… 1

    カメラの前で驚き顔をしてよ」。ええ、驚き顔? はいはいすればいいんでしょ…と、指示通りの顔をすればアプリが表情を認識し、アラームをストップします。

    その他のクエストとしては

    ・「あの色の物を撮影してきてよ」

    ・「早口言葉をやってよ」

    など、3つのクエストが選択可能です。

    しかし物の撮影はまだしも、表情や早口言葉は何度も認識されないと結構キツそうです。「泣き顔をしてよ」なんて尋ねられたら、泣くしかないのでしょうか?

    Project Oxfordでは以前にも顔の表情を判断するソフトを公開しています。アプリは現在Android版のみが登場。単純なアラームで悩み少ない朝を迎えるか、このアプリで頭をこね回す朝を選択するか…難しい悩みです。

    source: マイクロソフト

    (塚本直樹)