「ドッゴォォォン!」ファルコン9の着陸失敗が予想以上にダイナミック

2016.01.18 17:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ド派手にいってます。

無事に人工衛星を打ち上げたものの、着陸に失敗してしまったSpaceXのロケット「ファルコン9」。着陸地点のドローン船まではうまく誘導できたんですが、脚が折れて倒れてしまうというなんとも惜しい結果でした。

そしてその着陸の模様がイーロン・マスク氏のInstagramアカウントにて公開されたんですが…これがすごい大迫力。うまくロックできなかった脚の方にロケットがグーッと傾き、ドッカーンと大爆発です。周囲に人がいなくてよかった…。




マスク氏は脚がロックできなかった理由について、「打ち上げ時の濃い霧が凝縮し、氷が形成されていたのだろう」と推測しています。さすがマスク氏、悲嘆にくれることなく原因を追求していますね。

SpaceXはロケットの一部を再利用をすることによって「打ち上げコストの低減」を狙っています。同社はすでに地上基地へのロケットの再着陸には成功しており、動画を見る限り海上基地への再着陸もそう遠くないうちに実現しそうです。資源もロケットもリサイクルが大事、ですね。


image via SpaceX

Chris Mills - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア