アマゾンはSpotify対抗の音楽配信サービスを考えている?

アマゾンはSpotify対抗の音楽配信サービスを考えている? 1

アマゾンはなんでもやりたい?

昨年登場したPrime会員なら追加料金なしで使える「Prime Music」もインパクトがありましたが、アマゾンは次の一手を考えているようです。New York Postによると、同社は「Spotify風の音楽配信サービス」の開始に向け音楽業界と交渉を開始したというのです。

この新サービスは今のところ月額9.99ドル(約1,200円)での提供が予定されています。また楽曲もPrime Musicよりずっと強化され、単体サービスとしても十分に競争力のあるものになるとのこと。Prime Musicでは100万曲が提供されていますが、数百万曲のApple Music、そして約2,000万曲を提供するSpotifyに比べると大きく見劣りするのも事実。これらのサービスに打ち勝つにはPrime Musicでは力不足との判断なのでしょう。

さらに、アマゾンのスピーカー兼音声アシスタント「Amazon Echo」を購入すれば、月額料金が3ドル〜4ドルに割り引かれるという面白いアイディアもあります。Amazon EchoはアメリカのスーパーボウルでもCMが放送予定で、同社はまだまだAmazon Echoに期待していることが伺えます。

とはいえ、交渉はまだ初期段階。またアメリカなどで実際にサービスが開始したとしても、日本でもローンチできるのかは不透明です。対するSpotifyは今週にもビデオ配信サービスを開始するようですが、音楽やビデオとあらゆる配信分野で企業間に激しい競争が起きていますね。

source: New York Post via The Verge

(塚本直樹)