iTunes Radio、1月28日から有料化へ

20160119nitunes_radio128.jpg

日本上陸を果たさぬまま…

ユーザーの好みに合わせた楽曲を配信してくれる、魅力的なアップルの「iTunes Radio」。同サービスは2013年に音楽配信サービス「Pandora」に対抗する形で始まったのですが、残念ながら1月28日からは有料サービスへと移行してしまいます。以下はアップルがリスナーに対して配布している案内メールです。

「1月28日以降、Beats 1以外のラジオの視聴には有料のApple Music契約が必要となります。今後もBeats 1の豪華DJ(Zane Loweなど)や、Dr.Dre、Drake、Pharrell Williamsによるプログラムをお楽しみください」

うーん、そうきたか。とりあえず無料のラジオ局はBeats 1だけとなり、iTunes Radioを視聴する場合にはApple Musicの月額10ドル(約1,200円)を支払わなければなりません。いくらBeats 1が魅力的なラジオ局だとしても、ユーザーの好みに合わせた曲を配信するiTunes Radioとは毛色が違うサービスだと思うんですけどね…。

これまでiTunes Radioには広告付きの無料放送と、広告無しでiTunes Matchの一環として聞く2つの方法がありました。アップルは現在Apple Musicの契約者を増やすことに力を入れており、その動きの中で今回のiTunes Radioの有料化が起きたのかもしれませんね。

Image by Leszek Kobusinski / Shutterstock.com

source: The Verge

(塚本直樹)