YouTube、巨大ビルを購入…その目的は?

YouTube、巨大ビルを購入…その目的は? 1

動画サービスはどこまで伸びる?

映画のトレーラーや音楽PVが公開されるだけでなく、YouTuber(ユーチューバー)という新たな仕事も生み出し、ますます盛り上がるYouTube。そのYouTubeがサンフランシスコで新たな巨大ビルを購入しました。

このSan Brunoの本社にほど近いオフィス「Bayhill Office Center」の面積は約55万平方スクウェア(約5万平方メートル)で、購入金額は2億1500万ドル(約250億円)です。

新オフィスを購入したのだからすわ引っ越しか…と思いきや、YouTubeはすぐにはこのオフィスには移動しません。なにせ、このオフィスにはまだウォールマートやオラクルなど大企業がテナントとして入っています。ですので、今回のビルの購入は「将来の成長を見越しての行動」な可能性が高いわけです。

動画サービスとしてはNo.1プレーヤーのYouTubeですが、その収益化にはなかなか苦労しています。昨年スタートした広告を非表示にできるサブスクリプションサービス「YouTube Red」は、どの程度かわかりませんがYouTubeに利益をもたらすでしょう。動画配信という今もっとも熱いコンテンツをどのようにして収益に変えるのか、YouTubeの経営手腕が試されています。

top image by PiXXart / shutterstock.com

source: Bizjournals via Talkandroid

(塚本直樹)