スマホを体に埋め込む未来がいよいよ近づいている

160122_phoneinbrain.jpg

痛くないのかな?

アメリカのDARPAは脳でコンピューターを操る技術の開発に着手しましたが、脳とコンピューターの距離を近づけようとしているのはアメリカの機関だけではありません。

スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの調査によると、世界の産業界のリーダーたちは「体内埋込み型のスマホや自動運転の車、AI(人工知能)、3Dプリントなどが未来技術のトレンドになる」と答えているんです。頭にスマホを埋め込む…確かにいつでも電話に出たり友達とチャットができるかもしれませんが、夜中に職場から電話が頭の中にかかってきたら結構キツイですね…。

MITでディレクターを務めるErik Brynjolfsson教授によると、現在は「第2の機械世紀が到来している」そうです。「コンピューターとほかのデジタル製品の発展が、人が環境を理解して作り変えるための知力を向上させるだろう。蒸気エンジンとその後継が人類の動力を高めたようにね」。なるほど、今のデジタルの時代は過去の産業革命にも匹敵するということなんですね。

報告では、これらの新技術は数年以内には一般の人々にも受け入れられるとまとめています。確かにドローンによる配達は数年以内に、自動運転の車も2020年ごろには実用化する目処が立っています。そして、スマホの埋め込みが起きうるのは2023年まで。7年後には体内型iPhoneや体内型Xperiaが登場するのかな? 楽しみなような、怖いような…。

スマホを体内に埋め込めば通信だけでなく、健康情報のモニタリング、病気の通知などの機能も期待できます。ただし、もしスマホを埋め込むとしても安全性の確保と、強制サイレントモードの実装はきっちりおねがいしますね。

top image by Sebastian Kaulitzki / shutterstock.com

source: CNET

(塚本直樹)