地上どこでも走破できそうなキャタピラ自動車がやってきた

地上どこでも走破できそうなキャタピラ自動車がやってきた 1

こいつと一緒にどこまでも走りたい…。

世にクロスオーバーと名乗る車はたくさんありますが、その多くはちょっと車高が高くて見た目をゴツくしただけ。そんな風潮に喝を入れるべく、モントリオール国際オートショーに登場したのが、キャタピラを装備した日産の「Rogue Warrior」。カナダの雪深い冬道もらくらく制覇できるモンスター車両です。

カナダのMotorsports in Action (MIA)と共同開発したRogue WarriorはAmerican Track Truck製のキャタピラを車輪部分に4つ装備。最低地上高は58cmと、市販車ではありえない地上高を確保しています。またサスペンションやスノーガードなど、雪上を駆け巡るためのさまざまな改良が施されています。

地上どこでも走破できそうなキャタピラ自動車がやってきた 2

これだけの改造にもかかわらず、AWDやXtronicトランスミッションなど市販モデルにも搭載されている充実の装備はそのまま。驚くことに、最高時速は100km/hに達します。さらに、キャタピラのおかげで45度の登坂性能を発揮。45度なんて歩いて登ることさえキツそうなのに、それを車で登ってしまうなんて…キャタピラの性能恐るべしです。

Rogue Warriorは日産が北米で販売しているSUV「Rogue」の宣伝のために、ワンオフで作成されました。上の動画では、スキー場で人がたくさん乗ったそりを引っ張ったり、スノーボードを水上スキーのように引っ張ったりと大活躍。く~、こんなかっこいい車、一度は乗ってみたいぞ!

source: gizmag

(塚本直樹)