まさに攻殻機動隊。脳でコンピューターを操る埋め込み装置が開発中

まさに攻殻機動隊。脳でコンピューターを操る埋め込み装置が開発中 1

人の精神が肉体から開放される…?

自分の脳をコンピューターに直結し、ネットワークの世界を自由自歳に飛び回る…SFの世界では定番のネタですが、ギークとしては否が応でもテンションの上がってしまう設定です。そして、軍事の世界ではそれが現実のものとなろうとしています。

DARPA(国防高等研究計画局)は現地時間の1月19日、脳がコンピューターと通信できる埋込み型の神経装置の開発プログラム「Neural Engineering System Design (NESD)」を発表しました。

NESDで埋め込む装置のサイズは角砂糖程度の大きさで、これが脳とコンピューターのリアルタイムな通信を可能にします。具体的にはNESDを利用することで、コンピューターや外部デバイスによって人間の視覚や聴覚を補うことが期待されています。つまり、人間の能力をコンピューターで拡張するという、まさに攻殻機動隊などで散々語られてきたSFの世界が実現するかもしれないんです! また同時に、医療分野や研究分野でも大きな役目を果たすことでしょう。

NESDでプログラムマネージャーを務めるPhillip Alvelda氏によると、現在の脳コンピューターインターフェイスはまるで「スーパーコンピューター同士が古いモデムで通信している」ような状況なんだそうです。「人間の脳とコンピューターがNESDによって最適な形で連携できれば、どれだけの可能性が広がることでしょう!」まさに、仰る通りです。

人体とコンピュータを直結させると聞くと身構えてしまう人もいると思いますが、聴覚や視覚の障害を埋込み型コンピューターで補う研究は世界各地で行なわれています。DARPAは軍事に強く結びついた機関ですが、いつかこの研究が一般人にもメリットをもたらすことを期待したいですね。

top image by DARPA

source: The Next Web

(塚本直樹)