iPad Air 3は4Kディスプレイ・4GBメモリ・長時間バッテリの本気仕様に?

160129nipad.jpg

これならまたiPadが盛り上がりそう!

前年同期比で25%も出荷台数が下がるなど、どうもパッとしない「iPad」。その理由として、2014年10月から新商品が登場していないことも大いにあるはずです。ところがどっこい、今年3月のイベントで登場が噂されるiPad Air 34Kディスプレイ、4GBメモリを搭載した超強化版になるという楽しみな情報が入ってきましたよ!

この情報を伝えた台湾紙のDigiTimesによると、iPad Air 3は4Kディスプレイや4GBメモリだけでなくバッテリーの駆動時間も改善されるなど、大幅に進化します。4K解像度(3,840×2,160ドット)はiPad Proの解像度(2,732✕2,048ドット)を上回りますし、4GBのメモリもiPad Proと同容量

さらに、iPad Air 3は背面にLEDフラッシュや4スピーカーを搭載したり、Apple Pencilがテストされているという情報もあります。こんなに充実スペックな次期iPad Air登場したら…もうiPad Proはいらないかも?

3月中旬のイベントでは新型iPadだけでなく、4インチディスプレイを搭載したiPhone 5seやApple Watchの新バンドが披露されるとされています。最近のアップルイベントは9月のiPhone発表会が中心でしたが、今回の春イベントはそれに負けないくらい充実したものになるかもしれませんね!

source: DigiTimes via 9to5Mac

(塚本直樹)