今年のCESは何が来そう? トレンド予想まとめ

2016.01.05 11:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160104_cesexpect.jpg


一年の計はCESにあり。

今年も1月6日(現地時間)、ガジェットの祭典CESが始まります。時代とともにCESのあり方は変わってきたとはいえ、その時代を反映した出展内容を見れば今年のテクノロジーの動向が占えます。

今回のCESでフォーカスがあたっているのはなんといっても次世代の車、そしてエンターテイメントです。CESからのレポートは今週随時お届けしていきますが、その主要な中身を先取りして以下にまとめます。


車、車、そして車


米Gizmodoの兄弟サイトJalopnikが書いていたように、この数年CESはどんどん自動車ショー化していて、2016年もそのトレンドが続きそうです。自動車メーカーとテック企業がその最新コラボレーションを披露し、インフォテインメントシステムやガイダンスシステム、またはスマートカーに内蔵されるチップセットが見られることでしょう。

たとえば第二のテスラとして注目される電気自動車メーカーファラデーフューチャーは、こんなティザー動画を公開しています。


他にもアウディフォルクスワーゲンシボレーなどの最新テクノロジーがお目見えする予定です。さらに大きなニュースになりそうなところでは、グーグルとフォードによる自動運転車量産計画についても明かされるのではと噂されています。


TV、やっぱりTV


CESのあり方は長年変化してきましたが、つねに話題の中心になるのはTVでした。2011年には3D、2014年にはスマートTVが「未来技術」としてプッシュされていたものです(いまだに未来のまま、かもしれませんが)。

2016年の今、何がネクスト・ビッグ・シングなのかは断言しにくいんですが、その中心になるのはInternet of Thingsと言ってよさそうです。たとえばサムスンは、2014年に買収したIoT企業のSmartThingsの機能をその新作TVにすべて統合し、TVをエンターテイメントだけでなく家全体の機能のハブにしたと発表しました。

また有機ELTVに関しても新作が発表され、より安価なものが出てくると期待されます。そしてそこには、ちょっと前にベルリンのIFAで発表されたパナソニックの有機ELTVも入ってきそうです。


バーチャルリアリティ


2012年にOculusがKickstarterでVRヘッドセットを発表して以来、CESはバーチャルリアリティプラットフォームの大舞台となってきました。消費者向けバーチャルリアリティ技術がその頂点にある今、CESではありとあらゆるヘッドセットが試せそうです。

どんなVRヘッドセットが出てくるのか、出展企業は口を閉ざしていますが、Oculusがハンズオンできるコンシューマー向けユニットを用意していることは多分確実でしょう。それからソニーも長時間の記者発表を予定しているので、PlayStation VR関係ではないかと期待できます。HTC Viveもきっと登場することでしょう。

サムスンはGear VRのコントローラーをすでにチラ見せしていますが、他社からもこの手のVRアクセサリが怒涛のように吐き出されることでしょう。


ホバー○○


2015年の未曾有の大当たり(そして大失敗)ガジェットといえば、ホバーしないホバーボードです。基本的にはセグウェイが化けたものですが、ホバーボードは人気も爆発、物理的にも爆発しました。これからも類似製品が無数に生まれてくると思われますが、新しいものには素敵な爆発防止機能が付いてくるのでしょう、多分。

セグウェイも1週間ほど前にシート付きホバーボードを発表し、ホバー系ガジェットはその派生形を広げています。ただちょっと具合の悪いことに、CES会場では(世界中いろんな場所と同様)ホバーボードの利用が禁止されているので、ホバー○○の出展企業にとってはちょっとだけ居心地が悪いことになりそうです。


その他おかしなガジェット


でもCESに期待したいのは、一世を風靡するガジェットや、世界を変えるテクノロジーだけではありません。奇天烈で全然必要性がなくて、クレイジーで不格好で、何だこりゃ?ってなるようなガジェットは、CESみたいな祭りの場にこそふさわしいものです。サムスンがスマートベルトなるものを出すようですが、去年はこんな炊飯器みたいなVRヘッドセットもありました。タブレットフェイスマンにも再会できるでしょうか? 去年1200ドル(約14万円)のハイレゾウォークマンを発表したソニーから、今年はさらにこだわった5000ドル(約60万円)の超ハイエンド機種登場!なんてどうでしょうか?

というわけで、今年のCESも期待して見ていきましょう!


Illustration by Andrew Liszewski

Darren Orf-Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Fire TV Stick
  • Amazon
・関連メディア