3Dゲームは頭によい? マルチタスクと思考力・記憶力を向上させると発表

160109gameeffect1.jpg

もっとゲームは評価されるべき?

いまやテレビゲームという言葉すら死語となり、手元のスマートフォンやタブレットでゲームを楽しむ人が増えてきました。しかしながら、ゲーム社会的イメージは決してよいものではなく、ゲーム中毒で人生を台無しにする例も珍しくないですし、どちらかというと、親は子どもにあまりゲームに夢中になってほしくはないというのが本音ではないでしょうか。

ところが、昨年末に米国シカゴで開催されたSociety for Neuroscienceの年次総会では、2万9000人の脳神経学者が集い、ゲームが脳にもたらす好影響について真剣に議論。なかには驚くべき研究発表なども含まれていましたよ。

ビデオゲームがもたらすネガティブな影響ばかりがメディアで頻繁に取り上げられてきた。しかしながら、そのポジティブな影響については、ほとんど議論されてこなかったのも実情だ。

ドイツルール大学ボーフム(Ruhr-Universität Bochum)で研究を進めるSabrina Schenk氏は、こんなふうに語り、今回の発表の意義を力説しました。確かにゲームのしすぎで社会的に孤立したり、暴力的になったりするなどの悪影響ばかりが、とかく強調される風潮がありますよね。

ゲームと脳の活性化

Schenk氏は、週に20時間以上ゲームをする人と、まったくゲームをしない人の2グループを対象に進めた研究結果を発表。両グループの学習能力をテストするパズルを解いてもらったところ、ゲームをするグループのほうが概して好成績だったほか、問題の解き方にマルチタスクのアプローチが際立っていたそうです。ゲームをしない人は、物事を多角的にとらえるのが苦手な傾向が強かったとのことですよ。

160109gameeffect2.jpg

また、テスト中に参加者の脳をMRIでスキャン。ゲームをするグループは、学習や記憶に関係した前頭葉と海馬の活動が非常に活発になる診断結果が認められました。長時間のゲームプレイが習慣になっている人ほど、脳の活性化が顕著になり、マルチタスクに優れた能力を有することが判明した成果は大きいとされていますね……。

3Dゲームのインパクト

米国カリフォルニア大学アーバイン校で研究を進めるGregory Dane Clemenson氏とCraig Stark氏は、同じゲームというジャンルでも、一般的な2Dゲームと、より複雑な3Dゲームによって、どのように脳に与える影響が変化するかの調査結果を発表。テトリスやゼルダの伝説などの2Dゲームを長時間プレイするグループと、HaloやLeague of Legends(LOL)などの3Dゲームを長時間プレイするグループで、テスト成績を比較してみました。

記憶力や思考力を測るテストを両グループに実施したところ、明らかに3Dゲームのプレイグループのほうが、2Dゲームのプレイグループより好成績を記録。3Dゲームのなかでも、よりヴァーチャルな世界の広がりがあり、難易度の高いゲームを好む参加者ほど、成績がアップする傾向が顕著になったんだとか。

両氏は、これまでにゲームをプレイしたことがないユーザー層を対象とした調査も実施。参加者を、2DゲームのAngry Birdsを毎日30分プレイするグループ、3DゲームのSuper Mario 3D Worldを毎日30分プレイするグループ、引き続きゲームをまったくプレイしないグループの3つに分けます。10日間でテスト結果に変化が見られるかを調べたところ、3Dゲームのプレイグループは、明らかに記憶力思考力が向上。しかしながら、2Dゲームのプレイグループと、まったくゲームをプレイしないグループは、一様に変化が見られなかったとされていますよ。

ヴァーチャルな世界を探索することを学べば、現実の世界においても、学習したり記憶したりする能力が向上することが証明された形だ。

両氏は、こんなふうに研究成果を総括しています。現在、この調査結果を応用し、あまり外に出歩かなくなった高齢者に3Dゲームをプレイしてもらって、いかにして認知症の予防に役立てられるかのテストが進められているそうです。外出して新しい場所を訪れる刺激がなくなっても、ヴァーチャルなゲームのなかの世界で脳を刺激し続ける~。医療介護分野におけるゲーム活用の第一歩となるのかもしれませんよね。

ビデオゲームは良いか悪いかを議論する段階ではない。どちらの影響もあるのは明白であり、ほどよく賢明にプレイするべきものである。ゲームばかりしすぎるのはよくないが、ほとんどゲームをしないこともよいことではない。

Schenk氏は、こんなふうに研究発表を締めくくりました。子どもも大人も、ほどよく3Dゲームを楽しんで、脳の活性化を図る習慣を身につけるといいのかもしれませんね。

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)