世界歴代1位は夢に消える…スターウォーズ、中国ではサッパリ。1位はまさかのこの映画

欧米のペースでいけば世界歴代記録「アバター」(興収27.9億ドル=3313億円)を抜くかに思えた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、中国で撃沈です。

封切り2週目にして初週末から興行収入が72%落ち、上映する映画館も16万7060カ所から6万6568カ所に減り、初速はどこへやら…。

代わって首位に躍り出たのが、国産低予算アニメ劇場版「熊出没3」(動画上)でございまして、16-17日はスター・ウォーズの1482万ドル(17.6億円)を凌ぐ1508万ドル(17.9億円)の好成績で堂々1位を獲得しました(北京EntGroup調べ)。

スター・ウォーズは公開9日間で9746万ドル(約116億円)ですが、今週月曜には1日243万ドル(3億円弱)まで落ち込んでおり、ここまで低空飛行だと、この先伸びてもトータルで中国では1億2500万ドル(約149億円)が限界と見られていますよ。従って、アバターを破って世界制覇する夢はたぶん夢で終わりそうな気配です。

中国は世界第2位の巨大市場。歴代興行収入ランキングを見てみますと、ざっとこんな感じです。

1)ワイルド・スピード SKY MISSION 3億9091万ドル(約465億円)

2)捉妖記(Monster Hunt) 3億8186万ドル(約454億円)

3)尋龍訣(Mojin: The Lost Legend)2億5396万1822ドル(約302億円)

4)港囧(Lost in Hong Kong)    2億5359万ドル(約301億円) 

5)アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2億4011万ドル(約285億円)

6)ジュラシック・ワールド     2億2874万ドル(約272億円)

7)夏洛特煩惱(Goodbye Mr. Loser) 2億2616万1196ドル(約269億円)

8)煎餅侠(Jian Bing Man)     1億8635万ドル(約221億円)

9)澳门风云2(The Man from Macau II)1億5413万ドル(約183億円)

10)西遊記之大聖帰来(Monkey King: Hero Is Back)1億5302万ドル(約182億円)   

11)ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 1億3565万3541ドル(約161億円)

==

16)ターミネーター:新起動/ジェニシス 1億1317万5898ドル(約135億円)

つまりはMIとターミネーターの間ぐらいが着地点、ということでしょうか。それにしてもFurious 7が首位っていうのにはビックリですね(ポール・ウォーカーのラストは良かった)。

中国で最初のスターウォーズが上映されたのは1999年の「ファントム・メナス」なので、ミレニアム世代には馴染みが薄く、やもするとおっさんが観るものというイメージなのだとか。新興市場はシリーズで観なくても楽しめる娯楽超大作というのが必須条件なのかもしれません。

ちなみにインドでもスターウォーズは昨年末1,230の映画館で上映されましたが、初週末興収は691万ドル(約8200万円)で、首位「Bajirao Mastani」の180万ドル(約2.1億円)の半分以下でした。

インドはやっぱりこれぐらいじゃないと

世界は広いなあ。

source: Hollywood Reporter1, 2

(satomi)