北朝鮮の水爆実験、水爆にしては弱過ぎる模様

2016.01.07 10:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:北朝鮮

160107h-bomb.jpg


「世界よ、あけおめ! 金正恩ハッピーバースデー!」

…と、北朝鮮が新年早々核を爆発させ「初の水爆実験に成功した」と発表しましたが、海外では「水爆」のところはみなカギカッコ付きで報じています。

なんせH-Bomb(水爆)はA-Bomb(原爆)とは爆発力の桁が違いますからね。広島・長崎のざっと数百倍から千倍です。ところが今回観測された揺れは意外と弱いのです。

包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)の発表ではマグニチュード4.9、日本気象庁の発表ではマグニチュード5.1でした。

その爆発力は米シンクタンク「ランド研究所」上級軍事アナリストBruce Bennett氏の見立てでは、「当初推定で10-15キロトン。2013年に北朝鮮が行った核実験より若干大きい程度」とのことです(BBC)。韓国国家情報院の推計ではさらに低く、「6キロトン」ぽっきり(NYタイムズ)。

本当に水爆なら100キロトン近くないとおかしいのに、広島(15キロトン)と変わらない!

というわけで「水素爆弾にしてはあまりにも小さい」(国際平和カーネギー基金の核政策事共同ディレクターJames Acton氏黒木昭弘・日本エネルギー経済研究所常務理事韓国のアナリスト)と、有識者の間では言われているんです。

米国のニュースでは、アメリカの水爆実験の過去映像が流れて一瞬焦るんですが、実際はあの1000分の1ぐらいのやつってことですね。震源の深さ(中国の観測では0mだった)によっては、もしかして核融合をちょこっと混ぜた「ブースト型核分裂兵器」のことを「ミニチュア水爆」と呼んでしまってるのかもしれません。

本当かどうかがはっきりするまでには、まだ数日~数週間かかるようです。


image: PBS
source: BBC, Yomiuri, NYT, The Vox

(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア