宇宙人の巨大構造物の謎があらぬ方向に急展開

2016.01.19 12:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160117dysonsphere_returns.jpg


ダイソン球と騒がれた例の急に暗くなる星「KIC 8462852」の謎。いったん解決と思われたのですが、新たな論文でまた振り出しに戻ってしまい、事態はますます混迷を深めています。

前にもお伝えしたように、KIC 84628532の異常な光の減り具合がケプラー宇宙望遠鏡に観測され、昨年秋から物理学会が騒然となっています。別の惑星が前を通過して光が遮られただけなら、減るのはせいぜい数%で、周期的に起こるはず。ところがこの4年間に渡る観測データでは光がデタラメに減る様子が確認されていて、ひどいときには22%も暗くなっていたんですね。


160117KIC846285.jpg


彗星群が前を通過しただけだという説もある中、注目を集めていたのが宇宙人の巨大構造物で光を遮られているとする説です。

提唱したのはJason Wright さん。巨大構造物というのは、例えばあの「ダイソン球」のようなものだってことで、全地球人のロマンにスイッチが入り、地球外知的生命体探査(SETI)による証拠探しが始まりました。

…がしかし。42台のパラボラアンテナを擁するアレン・テレスコープ・アレイで1-10GHzの電波を調べても、宇宙人が発するであろうコンニチワのシグナル(詳しいことはわからないけど1Hz前後と想定されている)は観測できません。パナマのBoquete光学SETI天文台で、宇宙人が地球侵略のとき警告で発するであろうパルス幅信号を調べてもみても同じ。確たる証拠は見つからなかったのであります。

またしても地球人は、いもしない宇宙人に心を惑わされただけだったのか…。

…としょんぼり正月の餅を焼いていた地球人なわけですが、今月13日になってダイソン球説を否定する「彗星群原因説」を覆す最新論文がarXivに発表され、新たな謎をよんでいるのです。

ケプラーが回収したデータは過去数年間だけのものでしたが、今回論文をまとめたルイジアナ州立大学のBradley Schaefer物理&天文学教授は試しに19世紀末の感熱板まで遡って空の模様を調べてみることにしました。するとなんと驚くべきことに、KIC 8462852の発する光は過去100年間一定のペースで約19%も暗くなっていたんです。「こんなF型主系列星は見たことがない」と教授。

「彗星通過説にとっては厄介なものが出てきましたね」と、この星の第一発見者であるチームを率いるTabetha BoyajianさんもNew Scientistに語ってますよ。「現象の正体を見極めるには、もっとたくさんのデータが必要ってことかな」

たしかに、星が前を通っただけでこんな短期にこんな暗くなるなんて普通考えにくいですからね。宇宙人じゃないのだとすれば、あとは何?

考えられうる限りの仮説はほぼ出尽くてなお、解けぬ謎。KIC 8462852の怪しい光はまだしばらくの間、地球人の心を惑わし続けそうです。


Top image via NASA/JPL-Caltech
source: New Scientist

Maddie Stone - Gizmodo US[原文
(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア