防水防塵耐衝撃。ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」にタフモデルが登場

防水防塵耐衝撃。ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」にタフモデルが登場 1

強い奴が生き残る

ブラザーが開発・販売を行っているヘッドマウントディスプレイ「AiRSoucter」。こちらでもご紹介していますが、普段使っているデバイスに接続して使えるウェアラブルなディスプレイ。工業や医療の分野で活躍しています。

そのAiRSoucterに防水・防塵・耐衝撃性能に優れたタフコンセプトモデルが登場しました。

防水防塵耐衝撃。ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」にタフモデルが登場 2

発売中の「AiRScouter WD-200A」をベースに、円筒構造にすることで耐衝撃性を強化。また、IP65相当の防水性能と粉塵にも耐えられる防塵性能を追加することで、よりハードな現場での使用にも耐えられます。

主に、建設業界などからの要望が多かったとのこと。うん、これから建設現場でも使えそうです。防水性能が付加されたことで、使用後の水洗いもできるようになっています。

防水防塵耐衝撃。ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」にタフモデルが登場 3

フレキシブルアームやピント調整用ダイヤルも形状変更。グローブや手袋を装着したままでも操作しやすいように改良されています。

このタフコンセプトモデルは、2016年1月13日(水)から開催される「第2回 ウェアラブルEXPO -ウェアラブル端末の活用と技術の総合展-」で展示されます。

AiRScouterは、自分の視野内に必要な情報を表示できるのが最大のメリット。作業の大幅な効率アップが期待できます。これからは、工場や作業現場でAiRSoucterを使うのが当たり前になるかもしれませんね。

source: ブラザー工業

(三浦一紀)