「すべての道はローマに通ず」を視覚化したマップが美しい

「すべての道はローマに通ず」を視覚化したマップが美しい 1

毛細血管みたい...。

古代ローマ帝国では道路が非常に発達していたため、「すべての道はローマに通ず」なんて言葉が生まれましたが、今ではローマに限らずあらゆる道があらゆる場所とつながっています。でもゴールまでの最短ルートと言うとちょっとリサーチしないといけませんよね。今、各地からローマを目指したら人々はどんなルートを通るのか?それを現代の道路で見事に視覚化したのがこちらのプロジェクト「ローマへの道」です。

OpenStreetMapデータといくつかのマッピング・ツールを組み合わせて作られたこのプロジェクトでは、ある場所までの最短距離を線で描いています。ローマがゴールに設定している上の地図ではヨーロッパの異なる486,713地点からローマまでの最短距離を線で見せています。線が太ければ太いほど、その道路がよく使われることを表しているとのこと。

486,713個のスタート地点はヨーロッパの地図を均等にグリッドに分割し、それぞれのセルに1つスタート地点を割り当てたそうです。どの地点から出発してもローマに到達するようですから、ヨーロッパに限って言えばすべての道はローマに通じるわけですね。

「すべての道はローマに通ず」を視覚化したマップが美しい 2

同じ技術をアメリカで応用したのがこちらのマップになります。州ごとにの州都までの最短ルートを視覚化するとこんな風になります。ただ最短距離じゃなくてもハイウェイを走ったほうが早く着くので、実用的とは言えませんがデスクトップの飾りとしては十分ですよね。

データ・アートが動物の血管のような形になるのは面白いですね。

ほかにもこちらでいろんな地図が見られますので興味がある方はどうぞ。

source: Roads to Rome via Wired

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)