CGで蘇る近代科学の実験道具たち

CGで蘇る近代科学の実験道具たち 1

質問:この器具は何のための実験道具でしょうか?

実はこれ、アントワーヌ・ラヴォアジエの著作「化学原論」に基づいてCGで描かれた、燃焼を研究するための器具(1789年)なんです。この画像はBeautiful Chemistryというプロジェクトの一端として作られました。

中国科学技術大学(USTC)と清華大学出版社が共同で取り組んでいる同プロジェクトは、科学の進歩に欠かせなかった昔の実験道具を、今のCGの力を借りて再現するというロマンあふれるもの。なんでも、海の生き物や微生物の緻密で美しいイラスト集「生物の驚異的な形」で知られている19世紀ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルにインスパイアされているんだとか。

2014年にBeautiful Chemistryのサイトが開設された当初は、さまざまな化学反応を収めたユニークなビデオこそあれど、ビーカーや試験管といった実験道具の類はありませんでした。しかし今回、サイト・リニューアルを経て、Historyセクションが追加されたのです。その中のBeautiful Instrumentsというページにある予告編によれば、今後は1660年から1860年における化学の大発見に使われた15個の実験道具をCGで再現していくとのこと。

米Gizmodoへのメールで「その200年の間に、実用芸術と不可思議な錬金術だった化学がとても精密な自然科学へと変貌した」と語るのは、同プロジェクトリーダーのYan Liang氏。「この時代の歴史を、化学の実験道具の進化という新たな視点で見てもらいたい」と綴っています。同氏はIHDT.tvのCGアーティストたちと組んでいますが、彼らには創造する余地を与えつつも、「私たちが再現する実験道具が、科学的に正確になるように頑張った」とのこと。

 Liang氏はミネソタ大学で物質科学の博士号を取得するかたわらで、長年にわたって芸術やグラフィック・デザインに興味を持っていました。ボストンを拠点とするDigizyme社で、iPad用のデジタルテキストブック(E.O. Wilson’s Life on Earth)などの科学のアニメーション制作を経て、現在はUSTCの科学技術学部で視覚化に取り組んでいるのです。

「科学の美しさは、往々にして一般人が決して読むことのない科学系出版物の中に葬られている」とLiang氏は言います。「僕は科学のバックグラウンドと独学で学んだコンピューター・グラフィックのスキルがあるから、興味深いトピックを探し、多くの人々が慣れ親しんでいる視覚形態にもたらすことができる。」と。

Beautiful ChemistryのCGで蘇った趣のある実験道具をいくつかピックアップしました。そのほかの作品はコチラからどうぞ。

CGで蘇る近代科学の実験道具たち 2

ロバート・ボイルの真空ポンプ(1660年)

CGで蘇る近代科学の実験道具たち 3

ジョゼフ・プリーストリーの様々な気体の実験のための器具(1774年)

CGで蘇る近代科学の実験道具たち 4

カール・ヴィルヘルム・シェーレの酸素を用意するための器具(1777年)

CGで蘇る近代科学の実験道具たち 5

グスタフ・キルヒホフの分光器(1860年)

おまけ:30年以上に渡り、アンティークの科学で使う道具や医療機器を収集しているNPR(米国の公共ラジオ)のSteve Erenberg氏が、その魅力を語るコチラのビデオもどうぞ。

source: Beautiful Chemistry

Jennifer Ouellette - Gizmodo US[原文

(たもり)