【追記あり】最大の素数発見。2200万桁、読むだけで127日かかる

160120prime_number.jpg

1秒に2つの数字を発音できるみなさん、今から飲まず食わずで睡眠もツイもいいねも抜きでぶっ通しで発音すれば、だいたい4ヶ月ちょいで読み終わりますよ~。

メルセンヌ素数検索(Great Internet Merseene Prime Search: GIMPS)プロジェクトが久々に、一番大きな素数の発見記録を塗り替えました。

新たに見つかった世界最大素数は「2の74,207,281乗-1」。現物はココで見れます。全素数がリストになって並んでいるので、「2の274,207,281乗-1」の右のリンクを押すと、ZIPファイルでダウンロードが始まります(数字が並んでるだけ。44MBあります)。

学界を揺るがす大発見ということではなく、GIMPSプロジェクト(本部・セントラルミズーリ大学)では「見つけられるだけの素数をみんなのパソコンで見つけよう」ということで、世界中の人が計算に参加しています。それでこうしてたま~に大物が上がるんですね。今回の発見も、使ったのはインテルCore i7だけでした。

記録更新は3年ぶりの快挙。紀元前500年に素数探しが始まって以来、見つかったメルセンヌ素数はこれで49個になりました。2013年に見つかった最大素数より、一挙に500万桁上がった計算です。

解説はstandupmathsさんの動画でどうぞ(英語)。探索チーム率いる同大Curtis Cooper数学教授のロングインタビューも収録されています(3:20-)。

面白いことにこの素数、発見されたのは昨年の9月17日でした。ところがシステムの自動通知メールがぶっ壊れていて、教授の受信トレイに届いたのは、今年の1月7日。つまり4ヶ月届かなかったことになります。まあ、9月17日から全力で読み上げていてもまだ終わってないんですけどね。

(1/22 8:10追記)

本文中、「見つかった素数はこれで49個になりました」となっておりましたが、正しくは「見つかったメルセンヌ素数はこれで49個になりました」です。訂正してお詫び申し上げます。

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(satomi)