オランダ警察、BlackberryのPGP暗号化されたメールも解読可能と発表

160112PGPblackberry.jpg

スマホのセキュリティと警察が戦う時代。

欧米のビジネスマンを中心に利用者を持つスマホBlackberryはそのセキュリティの強さを売りにしています。そんなBlackberryの中でも俗にPGP Blackberryと呼ばれる機種は特にセキュリティが強化されており、メールは全て暗号化されているとのこと。お値段も20万円以上するとのことですから、そりゃあもうセキュリティは完璧だと思っちゃいますよね。ただオランダ警察によるとそうでもないようです。

オランダのブログメディアmisdaadnieuws.comは去年12月にオランダ科学捜査研究所の内部レポートを報道しました。そのレポートによると、このPGP Blackberry上に保存されていた暗号化されたメールの解読に成功したとのこと。アメリカのメディアMotherboardはこれをオランダ科学捜査研究所に確認し、研究所も公式にそれを認めました。

科学捜査研究所は一つのデバイスから325件のEメールを取り出し、そのうちの279件の暗号を解除することができたそうです。

なぜオランダ警察はBlackberryを狙って解読する必要があったのかというと、このPGP Blackberry、セキュリティ能力の高さから組織的な犯罪におけるコミュニケーションに広く利用されているんです。

「俺たちPGP Blackberryの暗号すら解けるぜー!オランダ警察なめんなよー!」

というノリで行われたわけではなく、かなり現実的な犯罪対策として取り組んでいたようです。今回の解読で使われたデバイスも、Phantom Secureというカナダの会社によって販売されていたもの。Phantom Secureのパンフレットによると個人情報を一切提供することなくデバイスと回線が購入でき、利用者が特定される心配がないとのことです。

Blackberryは「洗練された、役員クラスの人たちのためのハイエンドなコミュニケーション・サービス」を提供すると謳っていますが、利用者も、セキュリティの実態ももう少し多様なようですね。

ただしこの解読方法はデバイス自体を実際に触れることができないといけないようです。なのであらゆる犯罪組織のデータも見られるようになった!という訳ではないんですね。

我々一般人としては、どれだけ特別に作られたセキュリティ対策でも安心しきってしまうのは危険ということは覚えておいた方がよさそうです。

source: Motherboard

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)