スッキリとあか抜けたオーテクのBluetooth対応ロープライスターンテーブル

2016.01.07 16:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160107-ijyyn5b2igc12sovz6kj-R.jpg


ほう。180ドルとな。

カジュアルにレコードを再生できる、安価なターンテーブルが人気です。昨年くらいからでしょうか、あちこちのメーカーから1~3万円台のターンテーブルが次々とリリースされていますが、どうせ買うなら信頼性の高いブランドの品にしてはどうでしょう?

実は長年この分野のアイテムを作り続けてきたメーカーがあるんです。それがオーディオテクニカです。エントリーからハイエンドまで様々なレコード針も作り続けてきているメーカーなだけあって、ローエンド市場の重要性も認識し続けていたのでしょう。


160107-at_lp60bt_gp_1_sq.jpg


で、そんなオーディオテクニカから新たなターンテーブル「AT-LP60-BT」が登場します。末尾のBTの文字からわかるようにBluetooth対応品。フォノイコライザーとかアンプとかを使わず、ワイヤレスでBluetoothスピーカーと接続できるからシンプルさ極まるレコードシステムが作れます。またデザインもサッパリとしたルックスになりました。カラーもブラック、ホワイトとネイビーから選べます。

いままで集めてきたコレクションを聴くもよし、実家に眠っていた古き盤を鳴らすもよし、レコードはじめたーいという方が買うもよしですよ!

(2016/01/08 10:25追記)
いまのところ日本での発売予定はないそうです。


source: Audio-Technica U.S.

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文
(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア