会社は社員のメールやチャットを見てもいいんだって。ECHRが判決

会社は社員のメールやチャットを見てもいいんだって。ECHRが判決 1

勤務時間内に私用でチャットしても会社にバレないから大丈夫、というのは甘かった…。

勤務中に家族とチャットしていたことがバレて会社をクビになったルーマニア人男性が、「プライバシー侵害だ!」と会社を訴えたところ、全面敗訴してしまいました。欧州人権裁判所(ECHR)曰く、勤務中のオンラインのやりとりは会社が中身を監視しても全く無問題なんだそうですよ? くわばらくわばら。

訴えを起こしたのはエンジニアのBogdan Barbulescuさん。会社が仕事用に作らせたYahoo Messengerのアカウントを私用に使っていました。すると2007年のある日、上司に呼び出されて、「このメッセージアプリは仕事以外のものには使わない契約なのに契約違反だ」と注意されて解雇されちゃったんです。そのとき証拠として見せられたのが、過去数日間のメッセージの中身を刷り出した45ページ分もの書類で、その中には婚約者とのプライベートなメッセージも混じっていました。

「これはちょっとアレなんじゃないの? 自分の人権はどうなるのよ」と思って、ブカレスト郡裁判所にヨーロッパ人権条約第8条違反の訴えを起こし、ECHRまで上訴したのだけど、回答はおんなじ。12日の判決では「従業員が勤務中にちゃんと仕事をしているか確かめたいと雇用主が思うのは別に理不尽なことではない」、「会社は仕事用のメッセージだけだと思ったからアクセスした。プライバシーの侵害ではない」という会社側の言い分を全面的に受け入れる結果となりました。

「プライベート用アカウントまで会社に見られると分かっていたら、自分だってあんなメッセージは送ってない!」と原告もがんばったんですけど(Yahooには私用アカウントも作っていた)、判決ではそっちのアカウントのことには一切触れていません。送ったのは会社の端末だったみたいだし。予め警告もあったようだし。「業務上必要な範囲を超えない監視だった」という判断です。

会社を訴えたばかりに、人に見られたくない彼女との親密なメッセージを法廷に証拠資料として暴露されてしまったわけですが、それについてもOKで、なぜならば「受信者名のところが消されているから」。なんとも踏んだり蹴ったりです。こりゃ訴えるほうも覚悟が要りますね…。

アメリカでも同様のケースが法廷で争われたときには、会社側に味方する判決が出ています。「会社には、会社のシステム・設備の利用状況を監視する権利がある」ということで、これは日本も共通です。

社員が勝つか負けるかはケース・バイ・ケースだけど、勤務中や会社のアカウントでのチャットやメールは「見られてる」と思って書いたほうが身のためですよ~。

image by Flickr - Sean MacEntee

source: Evening Standard, The Huffington Post UK, BBC

(satomi)