この脳内チップは、自動的に消滅する

この脳内チップは、自動的に消滅する 1

感染リスクや手術の負担を軽減。

脳にチップを埋め込んでなんだかんだ…という話は今までも時々ありました。でも脳、というか体に異物を入れるのって感染のリスクもあるし、要らなくなったり交換することになったりしたらまた手術して取り出す必要もあるし、かなり負担が大きいんです。

そこで開発されたのが、この脳に埋め込める小さなチップです。単に小さいだけじゃなく、生分解性シリコンでできているので、埋め込んでから数週間後には体に吸収されるんです。それでもこのチップでは、頭蓋内圧や温度をきちんと測定できます。これが実用化されれば、脳に傷を負ったり脳外科手術を受けたりした人の状態をモニタリングするとき、患者さんの負担をはるかに軽減できます。

この脳内チップは、自動的に消滅する 2

生分解性センサーが頭蓋内圧や脳温をモニターし、数週後には体に吸収される。via J. Rogers, University of Illinois

このチップを開発したのはイリノイ大学の研究チームで、ラットで実験した結果をネイチャー掲載の論文にまとめています。彼らいわく、このチップには従来の仰々しい脳監視装置と同等の性能があるそうです。

さらに研究チームによれば、このチップは脳の頭蓋内圧や温度を測るだけでなく、腹部や手足、脳の深部でも使えて、液体の流れ、動き、pH値、熱特性なども感知できるとのこと。つまり応用範囲はかなり広く、その分幅広い人の役に立ちそうです。

ただとっても小さくて、いつの間にか消えてしまうってことは、誰かを監視したいときにも使えちゃうのかも…なんて心配は、SFの見過ぎでしょうか?

Top image via J. Rogers, University of Illinois

source: Nature

Maddie Stone-Gizmodo US[原文

(miho)