自動運転カーが実用化されないのでコオロギに運転してもらう

リアル仮面ライダーだね!

おもちゃメーカーMattelの新しい子ども向けラジコンカーBug Racerは世界に先駆けてオーガニックに自動走行を実現したようです。動きセンサーが組み込まれたコックピットに生きたコオロギを入れて、狭いコックピットの中で跳ね回るコオロギの動きに合わせて車を動かすというなんともマッド・サイエンスな仕組み。

160113bugracer1.jpg

何も言わずに紹介されたら世界中が「また日本かよ」と勘違いしたところですが、今回はれっきとしたアメリカン・マッドネスのようです。こちらの透明なコックピットにパイロット(生きたコオロギ)を挿入します。

160113bugracer2.jpg

Bug Racerにはコオロギは付いて来ないので子ども達は自分でコオロギを捕まえるか、育てるか、買うかしないといけません。ドライバー(生きたコオロギ)の目利きからもう勝負が始まっているわけですね。パイロット(生きたコオロギ)と直接のスキンシップは優勝の瞬間までとっておきたいアナタのために、コオロギを捕まえる緑色のマジックハンドも付いてくるようです。

操縦士が安全にコックピットに搭乗した後は、エヴァのように本体にプラグインするだけです。

160113bugracer3.jpg

本体はバッテリー式になっており、組み込まれた動きセンサーがキャプテンのホップステップを感知して、その右と左の向きに従ってラジコンを動かしてくれます。そうです、目的地まで最短で連れて行ってくれないことは間違いなしです。

Bug Racerの紹介ビデオも制作されているのですが、ビデオがさらにぶっ飛んでいるため、ビデオを見た後の方が「これ本当に存在するおもちゃなの?」とエイプリルフール感を持ってしまうというマッドネス。1から10まで一貫したブランディングには感心してしまいますね。

しかし心配はご無用。トイザラスで35ドルで買える本物のおもちゃです。コオロギよりも繁殖が簡単で、動きも機敏な虫がいるような気がしますが、ちょっと考えないことにしましょうね!

160113bugracer4.jpg

source: Bug Racer

Andrew Liszewski - Gizmodo Toyland[原文

(塚本 紺)