一気にチェック。CES 2016重要キーノート&発表会・スケジュールまとめ

160104_cesexpect.jpg

テクノロジーのトレンドはCESで

1月5日から開催される「CES 2016」は、最新の製品やサービスから、これからの生活を変えるテクノロジーの未来を見せてくれます。

毎年CESで行われるキーノートや企業の発表会では、その年のトレンドを象徴する新製品や戦略、最新動向が知れる機会です。今年注目が集まっているのは「自動車」そして「エンターテインメント」、進化する「ウェアラブル」です。

ギズモード・ジャパンではCESの模様を随時更新していきます。その前に、今年のCESではどんな企業が登場して、どんな発表が行われるのか、スケジュールをまとめてみましたので、気になる発表会はこちらでチェックしてください。

Faraday Future

プレス発表会:日本時間1月5日(火)13:00〜

謎の自動車会社Faraday Futureがプレス発表会で電気自動車のコンセプトモデルを発表すると言われています。Faraday Futureの共同創業者ニック・サンプソン(Nick Sampson)はテスラモーターでエンジニアリングチームの人だったという経歴からも、かなりテスラを意識したデザインや技術が入ってきそうな予感。電気自動車の新しいトレンドを作れるでしょうか?

フォード・モーター

151229fordgoogle.jpg

プレス発表会:日本時間1月6日(水)0:30〜

今年のCESで目玉に? フォードがグーグルと自動運転車を新発表へ

どうやらフォード・モーターはグーグルと手を組んで自動運転車の開発で新しい計画を発表するようです。

LG

プレス発表会:日本時間1月6日(水)1:00〜

LGは2つのディスプレイを搭載した最新スマホ「LG G5」を発表する予定。その他には紙のように薄いOLEDディスプレイ、さらには新型のスマートTVとWebOS 3.0もお披露目されるそうです。

パナソニック

プレス発表会:日本時間1月6日(水)3:00〜

カシオ

プレス発表会:日本時間1月6日(水)5:00〜

昨年のCESでカシオはミレニアム・ファルコン号のような形をしたDJコントローラー「XW-DJ1」や、さまざまなモーションセンサーを紹介していました。今年もまたユニークな製品はあるのでしょうか?発表会の模様は、上のYouTubeでご覧いただけます。

サムスン

プレス発表会:日本時間1月6日(水)7:00〜

2014年のCESで映画監督のマイケル・ベイがゲスト出演した際には、テレプロンプターの不具合が原因でステージを降りた事件が印象に残っています。今年はGalaxy Gear VR関連の製品から、謎のウェアラブル製品「TipTalk」を発表すると言われています。発表会の様子はサムスンの公式サイトでご覧いただけます。

ソニー

プレス発表会:日本時間1月6日(水)10:00〜

インテル

キーノート:日本時間1月6日(水)11:30〜

今年はインテルのブライアン・クルザニッチCEOがキーノートに登場します。昨年のCESでは、自動操縦のドローンなど未来を予想させるテクノロジーが紹介されました。

キーノートの様子はインテルの公式サイトでどうぞ。

フォルクスワーゲン

キーノート:日本時間1月6日(水)13:30〜

排出ガスの不正スキャンダルが続くフォルクスワーゲンですが、CESではどんな発表するでしょうか? フォルクスワーゲンの乗用車ブランド担当のヘルベルト・ディースCEOがキーノートを行います。

Netflix

キーノート:日本時間1月7日(木)1:30〜

日本にも上陸したNetflixのCEOリード・ヘイスティングスがCESのキーノートに登場します。「ジェシカ・ジョーンズ」や「Making A Murderer」など、オリジナルコンテンツの制作に今年も精力的なNetflixが登場することは、今年のテクノロジー業界ではコンテンツ・ストリーミングがトレンドの一つとして、ウォッチしておいて良さそうですね。「ハウス・オブ・カード」シーズン4早く始まらないかな。

ジェネラル・モータース

キーノート:日本時間1月7日(木)6:00〜

今年のCESで存在感が高まる自動車業界。ジェネラル・モータースのメアリー・バーラCEOがキーノートに登場します。タクシーサービスLyftに投資を発表したばかりのジェネラル・モータースはロボット自動車のタクシーを開発していくそうです。

YouTube

キーノート:日本時間1月7日(木)

キーノートでは、チーフ・ビジネス・オフィサーのロバート・キンクル(Robert Kincle)が登場。Netflixのリード・ヘイスティングスCEOと合わせて、動画サービスやコンテンツビジネス、配信プラットフォームの未来が見えてきそうです。

source: CES 2016The VergeGizmodo US

(Yohei Kogami)