LaCieの立つSSD、RAID 0で最大940MB/s

LaCieの立つSSD、RAID 0で最大940MB/s 1

ハイエンドデスクトップドライブが登場します。

CES 2016でLaCieが発表した「LaCie Chrome」は、オブジェのような外部ストレージ。クロムメッキが施された鏡面仕上げのSSDボックスと、ネオジム磁石で固定されるドックで構成され、「隠す」ではなく、「飾る」というスタイルが追求されています。

熟練した工業デザイナーと提携し、デザイン力の強さを押し出すLaCieらしいアプローチですね。

LaCieの立つSSD、RAID 0で最大940MB/s 2

見た目の美しさだけではありません。

ストレージとの接続はUSB 3.1 Gen 2(USB-C)。内部には500GBのM.2 SATA SSDを2基、RAID 0で構築。合計1TBのSSDは最大940MB/sというぶっちぎりな高速アクセスが可能です。最近の一般的なSSDですと、速度はおよそ520〜540MB/sなのでその倍ですね、どひゃー!

大容量+高速で4Kコンテンツの保存先として威力を発揮しそうな予感。ただし、お値段は1100ドル。日本円にすると129,800円と、こちらもぶっちぎりです。

LaCieの立つSSD、RAID 0で最大940MB/s 3

CES 2016関連記事まとめはこちら!

source: LaCie

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(小暮ひさのり)