広告が夢の中にまで浸食してくる世界

2016.01.17 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160115_dreamAD.jpg


逃げ場はなくなってしまうのでしょうか?

以前、低予算でインパクトのあるミュージックビデオを作り上げたオランダのアーティストグループ、STUDIO SMACKを紹介しました。今回彼らが作り出したのは、もしかしたら、遠い未来に本当に起こりうるかもしれない悪夢

脳の解析が進み、頭に描いたイメージを実際に映像化したり、考えたことを読み取れるように少しずつなってきました。このまま研究が進めば、今度は逆に脳に向かって、例えば夢の中にイメージを直接投影できるようになるかも知れません。一方、広告は今までにない勢いで至る所に現れるようになりました。見渡し、手に取るものすべてに何かしらの広告が貼り付けられ、起きて活動している間に広告を見ない日はほぼ無いと言っていいでしょう。極端な話、広告に追われることなく安らげる場所は、夢の中だけかもしれません。なら、技術が進化し続けた未来、広告が夢にまで貼り付けられるようになったら? STUDIO SMACKのショートフィルムは、そんな夢の世界を表現しています。



決して大っぴらに宣伝しているわけではありませんが、周囲にそぐわない不気味なブランドカラーと意匠で、それが何の宣伝かは明らかです。広告が一概に悪いものだとは思いません。単純にエンターテインメントとして優れているものもあれば、深く考えさせるものだってあるでしょう。必要なものを考えるだけでそれに関連した広告が現れるなら、理に適ってさえいます。しかし、物を売りつけられないでいられる時間がきっと欲しくなるはずです。その時間を、お金で買わなければいけない時代が来るのかも知れませんね。


source: lesterbanks.com

(scheme_a)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アートディレクションの「型」。: デザインを伝わるものにする30のルール
  • 水口 克夫|誠文堂新光社
  • 思わず目を引く広告デザイン
  • パイインターナショナル
・関連メディア