エンジン式ラジコンカーを改造してスーパー鉛筆削り作ったけど見る?

必要は発明の母と言いますが、これは…違う

YouTubeで色んなものを自作するビデオを公開しているMikeさん。友達がある日エンジン式ラジコンカーを持ってきて言いました。「これガレージで見つけたんだけど、なんかこれ使って便利な物作れる?」。

DIYマニアのMikeさんが思いついたのは...エンジン式鉛筆削り!! いやいやいや、便利じゃないからそれ!全然便利じゃない! ビデオを見てるとまったく実用的じゃないことが製作の段階から伝わってきます。

160121f16engineRCcar.jpg

これがエンジン。ラジコンにあまり詳しくない方は「エンジン式ラジコンカーってどういうこと?」と思ったかもしれません。

160121f16engineRCcar4.jpg

動かすにはラジコンエンジン用の燃料が必要です。電池じゃないんです。

160121f16engineRCcar3.jpg

ハンドルをつかんで、

160121f16engineRCcar2.jpg

引っ張る!!

するとドルルルルル!!と大きな音を立ててエンジンが動きます。「あーおじいちゃんの危ない草刈り機のやつね」と思った方、ちょっと正解です。エンジン式の草刈り機やチェーンソーでは混合ガソリンを燃料として使いますが、ラジコンカーの場合はさすがにガソリンでは動きません。燃料の主成分はメチルアルコール(メタノール)になります。

さて完成したエンジン式スーパー鉛筆削り、新品の鉛筆を一瞬で尖らせます。その無駄なパワフルさ、動画で是非ご確認ください(注意:音が大きいです)。

これ…実用的じゃないのは分かるんです。分かるんですけど…ちょっとかっこいい…。手をオイルで汚しながら何かを組み立てたくなる上質のDIYビデオなのは間違いありません。

source: YouTube via Damn Geeky

Andrew Liszewski - Gizmodo Toyland[原文

(塚本 紺)