ほぼ垂直に上昇して雲の上へ突き出るF-16。コックピットから見た景色が感動的

あーこりゃ満員電車乗ってらんない。

カメラがより小型化・軽量化したことで普通なら体験できないいろんな世界が見られるようになりましたよね。旅客機のパイロットってこんな景色見てるんだー、ピアノが弾けるってこんな視界なんだ、スーツケースって毎回こんな大冒険してるんだ、サメって人生楽そうだなー、などなど挙げればキリがありません。

今回のビデオもほかに負けず一見の価値ありです。戦闘機F-16が滑走路を走って浮いたかと思うとググッと角度がほぼ垂直になってアッと言う間に雲の上まで突き抜けてしまいます。パイロットの後ろに見える街がキューンと小さくなるスピードに驚きです。

ビデオではF-16が雲を突き抜けるところまで見せてくれるのですが、その景色はちょっとウルっときちゃうくらい感動します。ヘルメットで表情が見えないパイロットですが、思わずガッツポーズをしている姿にこっちも頷いちゃうんですよね...。

離陸してから雲の上まで行ってしまうまでの1分ちょっとの短いビデオ。これは必見です。

source: 15.000 feet in 45 seconds!.. XPRMNTL by Test Pilot via YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(塚本 紺)