親愛なるフィンランドへ、ノルウェイから山のプレゼント...って本当?

親愛なるフィンランドへ、ノルウェイから山のプレゼント...って本当? 1

たしかに舞台はサンタクロースの故郷付近だけれど、過ぎしクリスマスのギフトとはまた違うみたいです。

2017年12月6日に、独立100周年を迎えるフィンランド。1世紀という記念すべきイベントをどうお祝いしようかと今から準備を始めるのは国民だけでなくご近所の国でも...。

先日、ある山の一部をプレゼントしようとフェイスブックで活動を始めたノルウェー人のグループ「Halti som jubileumsgave」。しかも、ただの山じゃありませんよ。それはフィンランドにとって最高峰の標高1324メートルあるハルティとよばれる山。ライスダッターハルディとして知られるノルウェイ領の山頂について、100周年を機に国境を見直さないかという意見が主張されているのです。

親愛なるフィンランドへ、ノルウェイから山のプレゼント...って本当? 2

そんな大胆なキャンペーンの発案者は、測量技師でノルウェイ地図局に務めるBjørn Geirr Harsson氏。同エリアを上空から調査していた40年以上前から、このアイデアを抱き続けていたのだとか。彼が計画をソーシャルメディアに投稿してからというものの、ノルウェイの人々から支持する声はなんと圧倒的に多数

厳密には、丸ごと山を差し上げようというわけではなく、山頂に広がる敷地のうち何百メートルか北西へ領土を譲ろうというもの。それでも尚、気前が良いことに変わりはありません。でも一体どうしてノルウェイの人々はそんなに簡単に山の一部を手放せるというのでしょうか?

その理由は、ノルウェイには少なくとも200以上の山があることが鍵のようです。フィンランドにとってハルティは最高峰ながら、ノルウェイにとっては数多くある山の、ほんの一部というところでしょうか。

フィンランド大使は、同キャンペーンについて認知していることをツイッターで明らかにしていて、ソーシャルメディア上だけでいえば両国の国際関係は双方向に通じ合っているのかもしれません。

実質的に外交面で役立つか、またこうした譲渡の形が可能となるか未だ明確ではないものの、世界で領土問題が絶えず議論されるなかで、奪い合いでなく譲り合う姿勢はお見事。新年からちょっぴり心が温まります。

Image via Haltijublieum

source: The Atlantic

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)