NAKEDが仕掛ける生け花+空間演出+デジタルアートの新世界「FLOWERS BY NAKED」

20160105nakedbyflower05.jpg

近未来らしいイベントです。

過去に東京駅のプロジェクションマッピングや江ノ島水族館の映像作品「ナイトアクアリウム」を仕掛けてきたクリエイティブチームNAKEDが、今度は「花」を使ったデジタルアートイベントを手掛けます。

今回NAKEDが企画・演出するイベント「FLOWERS BY NAKED」は、NAKEDがこれまで作ってきた日常にちょっと変わった刺激をくれる映像空間演出と生け花がコラボした、体験型イベントの進化系。テーマはずばり「五感で楽しむ都会の庭園」。

20160105nakedbyflower011.jpg

桜彩

20160105nakedbyflower021.jpg

Dandelion Clocks(ダンデライオンズ クロックス)

伝統的な芸術の生け花と、デジタルアートでコラボ!ってところからまずいろいろ妄想を刺激されます。今回のイベントではNAKEDといけばなの日本最大流派「いけばな草月流」の家元、勅使河原茜氏のコラボ作品「植物の繭」も今回の会場で初展示されます。生け花に光と映像の演出を施して、植物の生命力を表現する作品だそうで、バーチャルなのかリアルなのかの垣根を超えたアート作品が見られそう。

さらにイベントでは、水曜日のカンパネラの「西玉夫」がテーマソングに決定。花とテクノロジーと音楽とありそうで無かった世界観がここだけで体験できそう。音楽好きな方も、デジタル・アートのイベント好きな方も是非どうぞ。

テクノロジーの進化は素晴らしいし好きですよ。でもこれからバーチャルリアリティが流行りだすと、デジタルコンテンツが増えそうでリアルな世界や生き物と距離が遠のく可能性もあるかもしないと思うこともあります。そんな時、これまで東京駅や江ノ島水族館、渋谷の夜景などいつもリアルな世界と向き合ってきたNAKEDの作品にハッと驚かされると、日常世界との距離感が腑に落ちるきがするんです。VRもいいけれど、テクノロジーを活かしたリアルが拡張された世界を体験できるこういうイベントが増えてくれると嬉しいですな。

Naked代表 村松亮太郎さんのインタビュー記事はこちらをどうぞ

「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」を仕掛けるNAKED代表村松亮太郎さんインタビュー:「シーンを創る」とは一体何?

渋谷の夜景が変わる瞬間! 本日から開催の「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」はココがすごい

「ナイトアクアリウム」を手がけるNAKED村松氏「これは恋愛みたいなものです」

非日常ひとり占め。NAKEDが手がけるプロジェクションマッピング・ホテル

20日開始:夜の水族館×プロジェクションマッピング「ナイトアクアリム」

イベント概要

名称:FLOWERS BY NAKED

会場:日本橋三井ホール(COREDO室町1 5F)

開催日時:1月8日(金)〜2月11日(木)

チケット料金:前売り 大人(高校生以上)1100円/小人700円、当日 大人(高校生以上)1300円 /小人900円

詳細:http://flowersbynaked.com

source: Naked

(Yohei Kogami)