おでこにあてるだけ!お手軽で正確な体温計

160109_thermo01.jpg

口にくわえなくても、わきに挟まなくてもいい!

Withingsの新しいThermoは、おでこにあてるだけでより手軽に正確な体温を教えてくれます。

Thermoの緑色のキャップの下には16個の赤外線センサーがあり、顔の側面から額に向かって走っている側頭動脈を即座に発見し、赤外線サインを読み取ります。たった2秒でセンサー配列は4,000回もの計測を行い、室内の温度や皮膚を通して失われる熱の分を修正するアルゴリズムを通して処理されます。これにより、Thermoは正確な体温を一瞬にして測る事ができるのです。

160109_thermo02.jpg

Thermoを使うには、キャップの部分を額にあててボタンを押すだけ。少しすると振動し、計測が終わった事を知らせます。結果は摂氏、または華氏でLEDディスプレイに表示され、同時にLEDの色が計測した健康状態に合わせて緑、オレンジ、赤に色を変えます。

Thermoは充電式ではなく、二つの単三電池で2年間動作できます。また、モダンな計測デバイスが大抵そうであるように、Wi-FiかBluetoothで結果をAndroidやiOS用の無料アプリにシェアし、複数のユーザーの記録をチェックしたりもできます。

160109_thermo03.jpg

Withings Thermoは今年の第一四半期に100ドル(約1万2000円)で発売開始します。ただの体温計と考えるとかなり高くなりますが、考えてもみてください。家族の誰がどこに入れて計ったかわからない体温計を使う必要がないんです。これって結構重要じゃないですか?

source: Withings

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文]

(scheme_a)