自然に優しいゼロ・エミッションなアウディ「h-tron quattro concept」

自然に優しいゼロ・エミッションなアウディ「h-tron quattro concept」 1

排気ガスも、二酸化炭素も出しませんYO

デトロイトで開催されている北米国際オートショーに、アウディゼロ・エミッションな「h-tron quattro concept」を出展しました。昨年公開された「e-Tron Quattro Concept」とSUVスタイルなエクステリアはいっしょ。だけどEVだった「e-tron quattro concept」とは違って、「h-tron quattro concept」はFCV。そう、トヨタのMIRAIのような、水素を使った燃料電池自動車なのです。しかも自動運転車でもあります。

自然に優しいゼロ・エミッションなアウディ「h-tron quattro concept」 2

水素は数分で満タンにできますし航続距離は600kmもありますから、水素スタンドまでの距離が離れているおうちでも導入することができそう。

自然に優しいゼロ・エミッションなアウディ「h-tron quattro concept」 3

またルーフは全面が320Wのソーラーパネルになっており、太陽のチカラでもバッテリーに電力を蓄えられます。発電量は年間で1,000km(1日あたり2.7km)と微々たるものですが、水素が切れても頑張ってドライブできるコンセプトは重要です。

自然に優しいゼロ・エミッションなアウディ「h-tron quattro concept」 4

アウディは2017年にリリースするA8に自動運転・自動駐車機能を導入すると公言していますが、「h-tron quattro concept」に搭載されている同機能がそれの元となる見込み。ほかの大手自動車メーカーの多くは2020年までに自動運転車を市販化する予定を立てているため、自動運転車の分野においてはアウディが1歩先行くことになるのかもしれません。

source: Audi Media Center

(武者良太)