iPhoneで撮った写真で家具の寸法を測れるレーザーポインター・アクセサリ

160115lasermeasure1.jpg

後からジワジワくる素晴らしさっ....!

ふいに街角の家具屋さんですごく良いソファーを見つけたりしますよね。そんなときにパッと寸法を知れたらいいなって思ったことありませんか? よし、これからイケアに行くぞ!ってときに「まずこのスペースの寸法測ってから行かないとね...」とメジャーを持って床に這いつくばったりするの、面倒ですよね。

この「iPin」はなんとレーザーポインターを利用して、写真上で寸法を測ることができるんです。iPhoneのヘッドフォンジャックにまずレーザーポインターを差し込み、それをサイズが測りたいものに向けて写真を撮るとアプリ上でiPhoneからの距離を計算して出してくれるんです。あとは写真に写っている物の中からサイズを測りたい物の角を設定すると、それぞれの長さを画面上で計算して示してくれます。

iPinの紹介ビデオを見た感じだと使い方はすごく簡単そうですよ。

ただレーザーを使って距離を測らないといけないので、すでにiPhone内に保存されている画像を使って長さを測ることはできないようです。現時点ではどれくらい正確なのか詳細なデータは公表されていませんが、1mmの誤差も許されないようなスペースに新品のソファーを突っ込む、ということはあまりないと思うので家具を買う参考にするくらいであれば全然アリなんじゃないでしょうか。

160115lasermeasure2.jpg

メジャーで物の寸法を測るのって、地味に面倒なんですよね...これだと椅子に座ってるときに目に入った物を「あ、あのサイズ測ってみよっと」ってスーパー気軽に測れます。カフェに座ってて、「あ、あの本棚いいけどウチには大きすぎるかな...」なんて思ったらもうビビーってレーザー当てるだけでサイズ熟知です。

友達と遊んでて話題がなくなったときにサッと目の前にある何でもない果物とかを測って

このバナナの長さ15cmだよ!

って測ってみせるだけで大盛り上がりだと思うんです。そう考えると長さを測ってみたいものって結構ある気がしませんか?

source: iPin

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)