冷蔵庫にApple Watchぺたー。バンド部分を磁石にした特許をアップルが申請中

冷蔵庫にApple Watchぺたー。バンド部分を磁石にした特許をアップルが申請中 1

冷蔵庫にマグネットは世界共通!

次世代Apple Watch、注目すべきはその中身や盤面ではなく、ベルト部分なのかもしれません。アップルが米国特許商標庁に申請している書類を見ると、次世代ベルトが見えてきます。「マグネティックリストバンド」というタイトルで申請されたベルトは、その名の通り時計のベルトに磁石が仕込まれており、あちこちにぺたんとはりつけられるというもの。デスクトップやラップトップのフレームはもちろん、マグネットの定位置である冷蔵庫にもぺたーとApple Watchあり、です。

申請された内容を見ると、ベルト部分はマグネットになるだけでなく、くるくるっとまるめてスタンドにもなるという代物のようですね。もちろん、通常時は手首に装着できるのが大前提。

冷蔵庫にApple Watchぺたー。バンド部分を磁石にした特許をアップルが申請中 2

特許を見て毎回思うことですが、特許申請=製品化ではありません。あくまでもアイディアがあるという話。とはいえ、アップルがWatchのベルト部分に大きな可能性を見ているのは明らかではないでしょうか。ただ、手首につけるだけじゃぁスマートの名がすたるってなもんでしょう。

image by USPTO

source: USPTO via IBT

(そうこ)