触れられそうな存在感。NASAが公開した「月から見た地球」の壁紙にしたいほど美しい写真

2016.01.03 22:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20151230_moon1.png


アメリカの月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービターが捉えた「月から見た地球」の写真。

でこぼこした月の地表から眺める青い惑星地球の姿は美しく、地球上に存在する全ての日々の大切さに思いを馳せてしまいます。

この美しい写真は、2015年10月12日にルナー・リコネサンス・オービター(LRO)がコンプトン・クレーターの上空134kmを通過した際に撮影されたものです。渦を巻く雲の下にはアフリカ大陸と南米大陸が見えますね。

月には「地球の出」や「地球の入り」はありません。月面上で場所を動かないかぎり、いつも同じ位置に地球を見ることになります。

20151230_moon2.png

白黒で通常のコントラスト(左)、そして月のコントラストを上げたもの(中央)、そして地球に色をつけたもの(右)


ルナー・リコネサンス・オービターでの写真撮影は簡単ではありません。分解能の高いNAC(Narrow Angle Camera)と分解能の低いカラーカメラのWAC(Wide Angle Camera)データを利用して合成されました。



NASAのNoah Petro氏は「今回の地球の画像は、43年前にアポロ17号のHarrison Schmitt宇宙飛行士が撮影した有名な写真『Blue Marble』を思いだされる。アフリカ大陸が際立って映されている」と語りました。

この画像はNASAのサイトより高解像度でダウンロードできます。いつか人類が月で暮らすようになったとしたら、こんな風に地球を眺めることになるのかな…なんて思いを馳せながら壁紙にしてみましょう。


image by NASA/GSFC/Arizona State University
source:NASA

Mika McKinnon - Gizmodo US[原文
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア