ジャガイモ、火星でも栽培可能に!

150817_MarsOne01.jpg

新たな宇宙時代の幕開けに……。

すでに人類は火星にだって到達可能な技術を有しています。いよいよ本当に火星へ人を送り込む計画さえ、真剣に立てられるようになってはきました。ただし、たとえ無事に火星へと到着しても、その後もずっと火星で生きていくためには課題が多すぎるというのも現状のようですね。

ところが、この分野で大きく前進しそうなニュースが飛び込んできましたよ。日本ではあまり知られていませんが、すでにNASAは、ペルーにあるInternational Potato Centre(CIP)とともに、火星でジャガイモを栽培する研究プロジェクトを実施中。まるで映画のなかでのストーリーに聞こえますけど、非常に経過は良好なんだとか。

ペルーにあるPampas de La Joyaの砂漠の土壌は、火星の地表面に存在する土壌成分とかなり近しいことがわかっています。そこで、この土壌を用いて、火星と同じ大気の条件を備えるラボを建造。ここでジャガイモの栽培に成功すれば、火星のみならず、ほかの惑星や衛星でも栽培できる道が開かれるとされていますよ!

火星の大気の約95%は二酸化炭素で構成されている。高濃度の二酸化炭素はジャガイモの栽培に適しており、地球上の一般的な栽培環境と比較して、収穫量2倍から4倍に増加すると期待できる。

こんなふうにCIPは説明しています。今回のプロジェクトが成功すれば、NASAは、より火星に近いシミュレーションセンターで、さらなる栽培テストを実施予定。将来的には火星上に気候制御型の栽培ドームを建設し、そこで本当にドシドシと栄養価に富むジャガイモの現地栽培が可能になるそうですよ。

もし火星のような厳しい条件下でもジャガイモを栽培することができるようになるのであれば、どれほど地球上での人命救助につながるかも理解してほしい。

CIPの広報責任者であるJoel Ranck氏は、こんなビジョンも語っています。いま食糧難にあえぐ地域や、これから地球温暖化が進み、通常の農作業が困難になる事態に直面したとしても、今回のプロジェクトから得られたデータが、大いに役立つとされていますね。地球が荒廃していく未来は想像したくないですけど、たとえ大きく気象条件が変わっても育てられるジャガイモ。その存在意義が見直される結果にもなるのかもしれませんよね~。

source: CNBC

(湯木進悟)