もう古いOSは使わせない!Intelの次期CPUはWindows 10以外サポートしません

2016.01.19 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_176429123_R.jpg


もう7、8はやめろってことですか!

マイクロソフトが昨年7月に発売開始した最新OS「Windows 10」。従来のようにパッケージ販売で利益を上げるのではなく、Office365のように追加コンテンツやサブスクリプションで稼ぐという、ビジネスモデルの大きな転換を示した歴史的なOSです。

このWindows 10に関して、どうやらマイクロソフトはそのビズネスモデルだけでなく、ハードウェアメーカーの考え方までも変えることになりそうなんです。というのも、Intelが現在開発中の次期CPU『Kabylake』では、対応OSがWindows 10のみになるようなんです。

過去にもIntelは2013年に登場したHaswellでXP、Vistaをサポート外としていました。でも、Vistaが発売されたのは2007年頭。6年ちかく経っていれば、まぁ仕方ないかなとも思ってしまいます。でも今回サポート対象外となる8.1は2013年の発売です。Kabylakeが今年登場と仮定すると、わずか3年でサポート対象外となる計算になります。

ただ、サポート外というのは全く動かないというわけではないかもしれません。現に過去にサポート外とされたXP、Vistaも全く動かなかったわけではなく、各種ドライバが入っていないというものでした。もちろん容易ではないものの、自力で各種ドライバを入れると動かせるというわけです。

とはいえ、サポート外のものをわざわざ動かす人は本当にごく一部。ほとんどはサポート内で使うこととなりますし、何よりもメーカー製PCはKadylake以降のCPUを搭載する場合、必然的にWindows 10モデルということになりわけです。

そんなことも加味すると、少々早いものの7や8はやはり役目を終えるべきなのかもしれません。Windows 10へのアップグレードを悩んでいる人も、早くアップグレードして慣れておいた方が後々いいのかもと思ってしまいますね。


image by Singkham / Shutterstock.com

source: PCWorld
(小山和之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア