完成したばかりの米ミサイル駆逐艦が着水するまでをタイムラプス動画で

アメリカ最大の軍用の造船会社、Huntington Ingalls IndustriesのIngalls Shipbuilding部門が今月完成させたのは、同社にとって30隻目のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦。この駆逐艦は、ベトナム戦争のときに手榴弾の上に覆いかぶさり、自らの命を犠牲にして仲間を救い、のちに名誉勲章を受章した米海軍兵Ralph Johnsonさんから名を取られ、Ralph Johnson」 (DDG 114)と名付けられました。

進水式は2016年の春に行なわれる予定となっています。完成したRalph Johnsonが3日間をかけて移動し、着水するまでを写したタイムラプス動画をどうぞ。

陸で作られた船がプラットフォームに乗せられて、ちょっと沖合に移動。それからプラットフォームに徐々に水が入って着水。ほかの船に押されて船着き場に移動しているようです。

もっと派手にバシャーンと着水する動画を期待した方は道路も水浸しな貨物船の着水動画をどうぞ。

Attila Nagy - Gizmodo US[原文

(abcxyz)