ラッセル・クロウ考案の「ホバーボード」の呼び方を採用したい

ラッセル・クロウ考案の「ホバーボード」の呼び方を採用したい 1

こっちを採用したい。

ホバーボードと言えば、ホバー(浮く)してなんぼです。最初に浮かぶのは、もちろんBTTF IIにでてきたアレですね。しかし、昨年、ホバーボードとして広く知られることになったのは、ホバーしないホバーボード。スケボーとセグウェイの間のような、ハンドルのない小型セグウェイとでもいうようなアレです。謎の発火事件やユーザーの転倒事故が相次ぎ、問題視されているアレです。

ホバーボードじゃないのになと思いつつも、もうホバーボードと呼ぶことに抵抗がなくなってきたこの頃ですが、思わぬところからいいネーミングがあがってきました。俳優のラッセル・クロウ氏が、ツイッター上で使ったホバーボードの呼び名が、ホバーボードよりもいいじゃんというね。

おかしいだろ @VirginAustralia。セグウェイボードを荷物として扱えないわけ? 空港で言われても遅い。子どもと僕は搭乗拒否。さよならヴァージン、もう二度と乗らない。

航空会社のヴァージン・オーストラリアに文句を言うツイートなのですが、そこでホバーボードのことをセグウェイボードと呼んでいます。この呼び方のほうがしっくりくる! だってホバーしないんだもの。

確かに、セグウェイ製じゃないセグウェイボードもあるけれど、それはヤフーでググったり、AndroidでFaceTimeしたりするのと同じで、もうセグウェイボードでいいんじゃないでしょうかね。いかがでございましょう?

image by Helga Esteb / Shutterstock.com

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(そうこ)