45億年前のギベオン隕石からハンドガンM1911が!

20160106_cabotgun1_R.jpg

流星刀ならぬ流星銃?

米高級拳銃メーカーCABOT GUNSが、45億年前に地球に落下したギベオン隕石を素材としたM1911の2丁セットの製作を発表しました。

CABOT GUNSは以前も隕石を使用したM1911系グリップパネル(上記画像)をリリースしていましたが、今回はM1911本体をギベオン隕石から製造するという、まったく新しい試みとなります。その名も「ビッグバン・ピストル

20160106_cabotgun2_R.jpg

2015年初頭に、隕石ハンターのロバート・ハーグ氏と協力し、1838年にアフリカのナミビアで発見された35kgの隕石を入手。ギベオン隕石はロレックスなどの高級時計に使われることはありますが、銃の素材に使われるほどの複雑な加工がされたことはないとか。そもそも隕石を銃の素材とするには多くの技術的問題があったそうですが、これを高度な航空宇宙技術で克服。実用化にこぎつけたようです。

20160106_cabotgun3_R.jpg

隕石からカッティングされる主なコンポーネントの3Dモデル

銃本体が、ケンタッキー州ルイビルで5月に開催されるNRA定例会で初公開予定。一足先に、隕石の素材サンプルが1月19日からラスベガスで開催されるSHOT Show 2016で展示予定のようです。

で、この銃史上稀にみる芸術品のお値段ですが、オークションされる可能性があり、50万~100万ドル(約5,800万円~約1億円)になるのではないかと予想されています。天文学的な値段ですね隕石だけに。ふふ。

CABOT GUNSの公式Instagramアカウントで写真や最新情報をお届けしてくれるようです。銃好き隕石好きの方はフォローしておいてはどうでしょう。日々の楽しみが1つ増えそうです。

source: CABOT GUN

(ロバーツ町田)