このどれかで死ぬのかぁ…、性別、人種、年代別に死亡原因をグラフ化

2016.01.12 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160109deathvidualization.jpg


デス・ビジュアル…。

どんな人だって死にます。生きている人間は、みないつか死にます。では、どんな風に死ぬことになるのでしょう。自分が死ぬ時のことなんて考えたくはないけれど、ちょっとあるグラフを見てみましょう。

アメリカ疾病予防管理センターのデータを可視化したのは、ネタ元Flowing DataのNathan Yauさん。2005年から2014年のデータで、男女別/人種別にそれぞれの年齢の死亡原因を見ることができます。ネタ元にあるインタラクティブなグラフでは、上部のタブでカテゴリ間の切り換えが可能です。切り換えてぱらぱらと見ると、全体的に大きな差はないように感じますが、細かく比較すると変化が見えてきます。例えば、若年層で圧倒的に多い死亡理由である外的要因(external causes)を男女で比較した場合、男性が女性の2倍という大きな違いがありますね。

30代、40代以降は、循環器系と癌かぁ。…いつか死ぬのはわかっていますけれど、それが今日じゃないといいなと思って生きています。


source: Flowing Data

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア